みつぐはうす

福井県南条郡南越前町/O邸

更新日 2019.6.13

「一生ものの家だからこそ、アフターケアのしっかりしたところを選びました」と話すのは、みつぐはうす工房に家づくりを託したOさん。アウトドア好きのご主人が要望したのは「スタイリッシュなログハウスのような家」だった。その言葉通り、ムクのヒノキとガルバリウム鋼板を組み合わせた外観は、どこか都会的な感じ。大きな窓から光が降り注ぐ吹き抜けリビングでは、ベルギーの薪ストーブと背後の赤レンガ、ムクの床材などカントリーハウスらしいアンティークな雰囲気を醸し出している。一方、ハンギングした自転車やデザイン性の高いスケルトン階段、モダンな和室がスタイリッシュなニュアンスをプラスしている。リビングの床は、家族全員で塗装に挑戦して仕上げたので、その味わいに加え「家族の思い出」も家の中に取り込んだ。ご家族の大好物はストーブで焼く自家製ピザ。木とストーブのほのぼのとしたぬくもりがOさん家族をあたたかく包み込んでいる。

構造
スーパーウォール工法+長期優良住宅
施工面積
128.76m²(38.95坪)

    

jump