みつぐはうす

福井県南条郡南越前町/I邸

更新日 2019.6.13

いくつもの内見会をまわっていたIさんご夫婦の心を射止めたのは、みつぐはうす工房のスーパーウォール工法による「低燃費住宅」。優れた断熱性と気密性で、冷暖房効率が高いうえ、太陽光発電によって、家計にも優しい家を目指したという。また、「自然素材を使ったくつろげる家にしたい」というIさんの要望を叶え、県産材のスギをはじめ、ヒノキのフローリング、珪藻土の塗り壁など自然素材をたっぷり使用。南側に位置するLDKは日当たり抜群で、「ムクの木の香りがすがすがしく、家の中にいても森の中で日向ぼっこしているような気分になるんです」と奥様は話す。さらに、外観の羽目板の塗装、寝室や玄関クロークなど珪藻土の壁塗りの仕上げは、ご夫婦で挑戦。「作業は大変でしたが、家に対する愛着がより深くなりました」と笑みを浮かべた。歳月とともに味わいを増す手仕事は、Iさんご夫婦にとってかけがえのないモニュメントとなったようだ。

構造
スーパーウォール工法+長期優良住宅
施工面積
123.79m²(37.4坪)

  

jump