みつぐはうす

福井県越前市/S邸

更新日 2019.6.13

「木の香りがする家」に憧れていたSさんが家づくりを依頼したのは、地元の木にこだわるみつぐはうす工房。SW工法を採用し、「高気密・高断熱・高耐震性も安心感があった」そうだ。パイン材のフローリングなど木を多用した室内はぬくもりを感じさせるとともに、森の中にいるような爽やかさも。LDKと和室全体を見渡せる対面キッチンは、子供がまだ小さい奥様の強い希望で、なかでも子供がいつでも「ごろり昼寝」できる和室は子育てママには強い味方なのだそう。キッチンから最短の場所に浴室、洗面所を配置して「ながら家事」できる点も大いに便利。新居になって子供の活動量が飛躍的に増えたという奥様は「家が広くなっただけでなく、段差を設けた和室やリビングや連続するテラスなどが子供の遊び心をかき立てるんですよ」と笑う。年月の経過とともに味わいを増していく「木の家」がこれから家族とともに、どう変化していくか夫妻は楽しみにしている。

構造
スーパーウォール工法+長期優良住宅
施工面積
110.75m²(33.5坪)

    

jump